法人概要

サスティナブルな社会を実現する

一般社団法人 ジオーガニックデイズ

一般社団法人 ジオーガニックデイズは
福岡・天神を中心にサスティナブルな社会の実現を目指し
未来の子どもたちに安心安全な食と地球環境を残すための活動をしています。

また福岡オーガニックマルシェを通して、オーガニック農産物や商品の販売をサポートすることで、
持続可能な社会を目指すべく、SDGsを達成することを目標としています。

【事業内容】

●有機栽培、環境保全型農業を行う農家への支援、
それらの材料や廃棄される材料を使ってつくられた添加物を含まない加工品をマルシェや公式ECサイトで販売。
●九州の地産地消を促進し、企業や自治体との連携により、
過疎化・農業従事者の高齢化や新規 就農などの課題解決につながる支援やPRを行う。
●マルシェ売上金より災害支援等への寄付活動。
2019年秋:九州北部豪雨朝倉高木地区、2020年:熊本県球磨地方水害支援団体、
2021年4月:子ども食堂(球磨人吉地方)、10月:NPOみんなの自然農園(佐賀県鹿島市)
●学生チームとの連携により、次世代へ伝統食などの文化を継承する。

福岡オーガニックマルシェは私たちが運営しています。

福岡オーガニックマルシェ
実行委員会

一般社団法人
ジオーガニックデイズ

代表理事
石橋 智子

理事
中田美由紀
田山 琴美
手柴 史子
師岡知弘
松本毅
森田愛子
酒見翔太
鈴木匡明
岡本彩花
山田哲平

監事
(株)Grace Innover
代表取締役日本バレエリトミック協会
代表理事 中山 めぐみ

顧問
元ホテルオークラ和食総料理長
(株)HACCP認証協会名誉顧問
星 則光
修命会 福岡クリニック院長
松本 浩二朗

サポートメンバー
橋田 和義
重松 雄子
鶴田 香織
水洗 典世
山口 せいじ
井田 真梨奈
西村 あかね
藤井杏紀奈

※順不同・敬称略

運営メンバー

石橋 さとこ
オーガニックプロデューサー

一般社団法人 ジオーガニックデイズ 代表理事。
BAR、カフェ、レストランの立ち上げを多数経験。9年の専業主婦を経て2015年オーガニックレストラン開業。栄養学や食育関連の講演会主催や健康経営のための企業向け食育セミナー、食育コラムの執筆、オーガニック商品のプロデュースを手がける。2017年に子どもたちの食を考える「ふくおか食育の会」を立ち上げ、代表を務める。「日本オーガニックレストラン協会認定講師」「杏林予防医学研究所アカデミー中級講座」「CNA(細胞栄養学)マスター養成講座ジュニアマスター」など、食や栄養学関連の資格を多数保有。
有機、環境保全型農業を行う農家への支援、オーガニック製品の普及と地産地消を促進し、持続可能な社会を目指す取り組みのひとつである「オーガニック」を地元企業と連携しながら推進し、学校給食でもより安心安全な食材を使用できるよう働きかけている。https://solaorganic.base.shop/

中田美由紀
栄養士 福岡県在住

・パーソナルカウンセリング『ColorGarden(カラーガーデン)』代表
・大野城市『とりわけ離乳食教室』講師

中村学園大学食物栄養科卒業。 食育・パーソナル栄養指導・料理教室・レシピ・商品開発などを行う。子ども食堂の調理ボランティアやフードパントリーにも参加。 アレルギー体質や好き嫌いの多い4人の子育ての経験を生かし家庭でできる食育講座、病気にならない体作りの食事指導などの活動を行なっている。HP

田山 琴美
お菓子教室主宰 東京都在住

中1男子と小4女子の母。 大手プラント会社で環境コンサルタントとして7年間勤務。東京で東日本大震災を経験し、食の安全を求めて福岡で7年間暮らす。一般社団法人日本オーガニックレストラン協会で人と自然が調和した食のあり方を学び、講師となる。翌年、オーガニックお菓子教室ティンカーベルを開校。2020年に東京に戻り、オーガニックの大切さを伝えるべく教室と講師活動を続けている。

手柴史子
ライター・エディター 福岡県生まれ、東京都在住

ファッション誌の編集部を経て、フリーランスへ。百貨店やファッションブランド、化粧品ブランドのカタログおよびウェブサイト、SNSの編集やライティングなどで活動するほか、レストランやシェフ、クリエイター、美術館の取材などを手掛ける。NIKKEI THE STYLEのファッションページにて執筆。また日本の伝統工芸をファッションで展開するHIRUMEのPRにも携わる。

諸岡さん

師岡知弘
・一社)みんなの家みんか」代表理事
・一社)非酸化食品普及協会 代表理事
・レボクック合同会社 代表社員
・Comete Farm 代表
・エシカルバンブー株式会社 福岡営業所 所長
・ゼックフィールド株式会社 朝倉作業所 所長

アパレル・ITベンチャー・外資系製薬会社・集落支援員・環境カウンセラー秘書などのジャンルの異なる職種を経験。一方で、阪神大震災、東日本大震災、熊本地震などの被災地支援に関わり、九州北部豪雨では自ら被災する。それらの経験から「人が人らしく生きるとは?」をテーマに、人や物・資源に対する本来価値を見直し、食や環境に関する農業や自然体験を通し、資源の有用活用、生活困窮苦にある若者支援などの取り組みを行っている。大切にしているメッセージ「みんな誰かの役に立てる。人のチカラになれる生き方ができる。」
https://www.facebook.com/tomohiro.morooka

松本さん

松本毅
起業支援活動家

会社経営や、さまざまな事業の立ち上げ、サポートに携わる。
その結果、『先人たちから受け取って来た恩(バトン)を「恩送り」として次の人へ渡す』ことを命の使い道(使命)だと考え、これまでの経験と知識を活かして、「起業支援活動」や「起業プロデュース活動」を行う。
活動は「恩送り」なので、すべて無償。多くの方が眠っている自身のすばらしい才能に目覚め、それぞれの分野で、この大変な日本の状況を変えてくれるよう願い、活動を続けている。

森田愛子
管理栄養士 福岡県在住

子ども食育教室、ボディメイク食事サポート、商品開発、外部講師などを通して、延べ2500人以上の食事サポートを行う。
20代は重度のぶつぶつニキビ肌で、抗生物質でむりやり抑え、化粧品をいくら変えても改善せず常に肌がストレス。そんな自分から卒業するため食の情報を集め、調味料から全て変えたことでコンプレックスを克服し、メンタルもまあるく。
一人ひとりが「食選力」を身につける必要性を感じ、食を通してカラダとココロに耳を傾け、自身を愛する生き方を伝えている。

酒見翔太
・ソルスケイプ株式会社 代表取締役
・IMPASSION ディレクター
・DJ

福岡の百貨店にて婦人服バイヤー、新規事業の立ち上げを経験。天神のエリアマネジメント団体の事務局や福岡の文化・芸術を振興する福岡市外郭団体の職員を経て、映像・イベント・WEBを中心としたクリエイティブ制作会社を創業。
週末はホテルを中心にラウンジDJとしても活動している。
会社を創業後「健康経営」に関心を持つようになり、食生活を見直したことをきっかけに、人と地球にやさしいオーガニックライフを送っている。

鈴木匡明
・株式会社カンパーナ代表取締役
・東京都出身/福岡移住
・不動産業、広告業、各種コンサルティング業

大学卒業後、アパレル店長、派遣会社支店長、IT企業の営業戦略/企画など、さまざまな経験を経て独立。
広告業やコンサル業を通じてマネタイズをしつつ、自然や食など暮らしの豊かさに惹かれて福岡に移住。
自らオーナーとしてオーガニックレストランや子ども食堂の運営などを行うも、コロナにより事業を見直していくかたわら、オーガニックマルシェに出会い合流。
オーガニック業界に関わる全ての人を応援しつつ、食の安全性や考え方のアプローチを学んでいる。

岡本彩花
EDO-Style代表

大学3回生の時に江戸時代の循環型社会をヒントに社会課題を解決するプロジェクトチーム「EDO-Style」を立ち上げ、現在も活動を続ける。
また、カフェ「はらの木」のコミュニティマネージャーとしてコミュニティを運営するなど、「地域、人、資源の価値を最大化する」ことに取り組んでいる。

山田哲平
オンナチュラル株式会社 代表取締役

九州大学法学部卒業。株式会社リクルートにて営業を経験後、ベンチャー企業にてwebマーケティング支援を実施。
その後独立し、マーケティングを軸とした企業のコンサルティングを行う。
母親の影響で 幼少期より自然食品など健康に関することに興味を持つ。
社会人時代に病気を患ったことをきっかけに改めて健康について勉強し、さまざまな健康法を実践するようになる。
自身の経験や想いを元に「自分らしくいる」ことをコンセプトにしたオンナチュラル株式会社を設立。
1人1人の健康リテラシーを向上させるための活動を行っている。


福岡オーガニックマルシェ

Supported by
一般社団法人 ジオーガニックデイズ

コミてんオーガニックデイズ

コミュニティラジオ天神 FM77.7MHz

マルシェイベントやセミナー、フォーラムなど、福岡オーガニックマルシェの活動をご紹介します

最近の記事

  1. 第11回福岡オーガニックマルシェ ドリンク&おつまみ

  2. 第11回福岡オーガニックマルシェ フード&スイーツ

  3. English Information:The 11th Fukuoka Organic Marche @ Maizuru-Park

メルマガ登録をお願いします!!