秋吉雄一朗 / 和食料理人 | ナチュラルな物を子供達が食べることで、身体も健康に成長していく

パリで茶懐石料理店を開く準備をしながら、国内で出張料理を専門で活動をしています。 フランスに住んでいた頃、ヨーロッパではオーガニック志向がとても浸透していていて、パリにはオーガニック専門のマルシェやスーパーがいたるところにありました。 そうしたナチュラルな商品、野菜たちは味わいや香りが深く響くものがあり、今でも好んで選んでいます。 自然な味わい、香り、そういったナチュラルな物を子供達が食べることで、身体も健康に成長していくのではないかと思っています。

秋吉雄一朗

株式会社わび代表取締役 茶事
懐石専門 出張料理人

1984年生まれ 福岡県飯塚市出身
日本料理の最高峰の老舗、京都・瓢亭、高橋 英一氏の元で修行
2013年からOECDパリ日本政府代表部 特命全権大使と共に公邸料理長として“食の外交”の要として大使を支え、日本料理をパリ外交にて振る舞う。
プライベートでは本物の日本料理をパリの子供達により深く知ってもらうべく、フランスで味覚の1週間(La Semaine du Goût®)にボランティアとして参加し、パリ10区École de Marseilleの子供達に日本が生み出した“うまみUMAMI”のレクチャーをする等、パリに日本料理の基礎を根付かせる事にも貢献。パリでの任期を終え、引き続き大使に同行を求められるも、次の夢のステップに向かい帰国。
パリに茶懐石のレストランをオープン予定。

 

関連記事